2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回お江戸深川さくらまつり の3週間(2)

2週間目の3月27日。
先週開花宣言をしてから、花冷えが続きました。
開花して一気に咲き誇ると思いきや、意外と咲きが遅くて、まだまだ1分か2分咲き。

P3270220_20100413130438.jpg

少し肌寒い舟遊となりましたが、お花を楽しみにやってくる人々は絶えません。
わずかながらも咲いている桜と、普段味わえない風流な和船で、深川・大横川の魅力をアピールしています。

P3270228.jpg

大横川に架かる黒船橋のたもとにある、櫓下(やぐらした)タワー。
「火の見櫓」を模して作られた地元町会の防災倉庫になっています。
その下では、お餅つき。
明治学院大OBで、野球部で鍛えた足腰を持つ若者が、延々とつき続けます。
「ペッタン、ヨイショ!、ペッタン、ヨイショ!」の音が、町中に響くと、多くの人が集まってきます。

P3270279.jpg

和船の出る土日は、12時になると必ず「新内流し」が始まります。
和船から鳴り響く三味線の音色に、橋の上の人も、船の上の人も、川沿いの建物に住む人も、
みんな目と耳が釘付けに鳴ります。
お江戸深川さくらまつりの魅力の1つです。

P3270291.jpg

当会が定めた所定の講座を修了したリバーガイドさんは、さくらまつりの動力船にのって、持ち前の実力を披露しています。
リバーガイドの働き口としても、船を使ったイベントは貴重な機会です。
深川の知らない一面や、奥深い歴史の話など、乗ったお客さんにも好評を頂いております。

P3270245.jpg

さくらまつりが始まって6年目。
江東区内外にも浸透してきて、お客様やご協力頂く皆様に育てられて、魅力あるまつりに成長しています。
そして、このおまつりにあやかって、豊洲で行われるお祭りとのジョイントを、江東区と豊洲の人々が企画しました。
この日の豊洲は、芝浦工大の裏に新たに設置した船着場のオープニングの日。
市民が船と水辺を親しむ機会を増やすために、区が設置した重要な設備です。
今後の水辺の発展を願って、オープニングセレモニーと、門前仲町で行われるさくらまつりとの往復便の就航が実現しました。

P3270267.jpg

古くて趣きのある深川と、ダイナミックで新市街が広がる豊洲は、別々に発展するのではなく、
お互いに競争し合いながら、連携もしながら、陸路と水路でつながっていることをPRするのに、
この船は多いに貢献したことでしょう。

相変わらず、桜の開花がゆっくりな寒い日になりました。
最終週となる次週に期待して、第2週目は終わりました。

(3)へつづく。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mizubeland.blog10.fc2.com/tb.php/15-9898c1d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

mizubeland

Author:mizubeland
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

江東区便り (1)
NY便り (3)
お江戸深川さくらまつり (6)
堤防体験 (2)
水彩サロン (3)
明治丸 (2)
水彩フェスティバル (3)
運河ルネッサンス (2)
江戸東京の川再発見 (3)
当会協力 (1)
事業報告 (1)
未分類 (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。