2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊洲運河に 船カフェ オープン

toyosu1.png
船カフェ オープン

すばらしい試みが江東区、豊洲地区運河ルネッサンス協議会の主催で行われた。
豊洲運河に船カフェがオープンしたことである。
NPO法人「江東区の水辺に親しむ会」も応援し、収益の一部を東北関東大震災の義援金にするというのに、
僅か2週間4月14日~28日、何故か折角の5月のゴールデンウイーク前に閉店と言う、
誠にちまちました感じもする試みだ。


江東区は2009年に4500万円の建設費用で浮き桟橋を芝浦工大前に建設し、遊歩道の整備を行なった。
その目的は芝浦工大、東京海洋大学などと連携して豊洲の水辺交流の場にする構想であり、
都も豊洲運河地区を規制緩和地区に指定した。

このすばらしい構想にも関らず今回の桟橋の利用許可は1年掛りで決まったと聞き、
相変わらず縦割りのお役所らしい許認可制だと思うと同時に、規制緩和は誠に厄介なものであるようだ。

特に水辺・海辺は安全を理由に住民も近寄れない整備されない儘の場所が多い。
人の近づき難い場所、施設は荒み、汚くなる、浮浪者が住み着く格好の場所になりかねない。
いくら立派な公共施設もお役所任せでは活性化できない。
無機質な超高層マンションの建設が相次ぎ、
地域のコミュニティーが希薄化した無味乾燥した新興の街、豊洲地区に成りかねない。

toyosu3.png
2010年当時、鍵が掛けられて1年以上利用されない寂しい浮き桟橋

都は豊洲地区を規制緩和地域に指定した。その目的と構想は素晴らしい。
それを実現するには区の行政と共に、地域住民に密着したNPO、学校、自治会の役割は大きいと思う。

又、一方でお役所の規制緩和に対する基本理念を見直す時期ではないかと思う。
規制緩和に必要な事は自己責任、受益者負担を基本とし、
はっきり監督責任を利用者に負わすことではないかと思う。

交流の場と称する公共施設・設備の運営も、お役所ませでは人は集まらないし、
イベントも教条的では楽しくない。

行政は英断をもって規制緩和し、開発開放し、住民と共に英知を結集する仕組みが必要である。
活性化することにより人は集まり循環型経済も成り立つ。

toyosu4.png
2011年現在の豊洲1~3丁目の水辺

水辺・海辺が好きで2002年の始め豊洲に移り住んで10年が過ぎ、
最近転入してきて本当に良かったと思うようになった。
転入当時の豊洲1~2丁目付近は、工場の過疎化により昼間人口も減少気味で、
資材置き場、工場付近の空き地はごみの吹き溜まりとなり、
緑も少なく、申し訳に作ったような猫の額のような小さな公園、
スーパー、食料品店、病院も極めて少なく、
家族からも転居しようと苦情を言われたのもであう。

豊洲交差点の近く店が少しあるだけで豊洲1~5丁目全てがその様な状況であった。

今後も豊洲地区を文字通り、豊かな洲、豊かな街にするのは、
無機質な高層ビルに欠かせない緑化活動、CO2削減、騒音規制、水辺の規制緩和による交流の場の創造である。

toyosu5.png
2011年豊洲3丁目から臨む豊洲運河

toyosu6.png
2011年4月 豊洲橋と船カフェ

人が集まる豊かな街は経済も活性化する。
その為には、行政に依存するのみでなく、地域に根付いたNPO活動、地域住民の活動と一体となった、住民参加による街創りが必要である。
それが地域住民のモラルの向上に繋がると思う。(JF)
スポンサーサイト

豊洲地区で運河ルネッサンス 始まる

東京都港湾局が進めている運河ルネッサンス
運河の利用を進めて、まちづくりと地域活性化につなげるために、市民主体の活動をサポートする東京都の施策です。

これまでに、朝潮、天王洲、芝浦など5地区で運河ルネッサンスが進められていますが、江東区では今回登録が決まった豊洲地区が初めてです。
3月に、東京都より運河ルネッサンス地域協議会の登録が正式に決まり、4月から協議会としての活動が始まります。

豊洲地区運河ルネッサンス協議会 登録

地域の町内会長が運河ルネッサンス協議会のリーダーをつとめ、地域の団体、芝浦工業大学、当会、地権者らが構成メンバーになっています。

これからの豊洲の街が楽しみにしていてください。

«  | ホーム |  »

プロフィール

mizubeland

Author:mizubeland
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

江東区便り (1)
NY便り (3)
お江戸深川さくらまつり (6)
堤防体験 (2)
水彩サロン (3)
明治丸 (2)
水彩フェスティバル (3)
運河ルネッサンス (2)
江戸東京の川再発見 (3)
当会協力 (1)
事業報告 (1)
未分類 (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。