2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニューヨーク便り】East River Pier 42 2013年5月23日

先日マンハッタンにあるイーストリバーのあるコミュニティセッションに参加しました。

イーストの方はウェストと比べて、いつも水辺の開発が進んでないと言われてきましたが、今回はやっとこのPier42が新しいパブリックスペースに生まれ変わるみたいです。
なので、できあがるのがすごく楽しみです!


大きな地図で見る

マンハッタンの南側に位置していて、全面積が約16187平方メートルもあります。
なんと開発費が約6千万ドルと予測されています。
今ニューヨーク市が1千6百万をまず出して、デザインや土地調査を始めているところです。
今回私が行ったのは、そのデザインを考えるのにパブリックの意見も取り入れたいということで、参加しました。

130523_1.jpg
現在の土地にはこの使われていない建物があります。もうすぐ廃棄して、平地にするみたいです。

130523_2.jpg
パブリックセッションを開いています。みんなで意見を出して、いい場所づくりを考えようという会です。

130523_3.jpg
このような模型がおいてあって、みんなでパズルします。

130523_4.jpg
パズルをして、いろんな意見が出たようです;農園、スポーツ、プールなど。

130523_5.jpg
地域の子供も熱心です。かわいい。

130523_6.jpg
水辺から見える景色

この日はとてもいい天気でした!水辺の散歩はやっぱりいいですね。
スポンサーサイト

【ニューヨーク便り】ルーズベルトアイランド 2013年2月19日

今回は私が住んでいる町を紹介します。
ルーズベルトアイランドという島です。

ここに住んでから約1年半が経ちました。
ニューヨークに来てから5個目の家です。
でもやっと落ち着く場所に住めたと思いました。もう引っ越したくないですねw
ルーズベルトアイランドはマンハッタンとクイーンズの間にある島で、どちらにもすぐ中心街に行けてとても便利な場所です。
この島に車が通れる道路が一つしかなく、とても細いのですが、全長の長さは一応3kmはあるそうです。
水辺のランニングコースとしては最高です。(私はあまりしてないけど。。。;)

130219_1.jpg

130219_2.jpg

島の全体としては住宅が中心で、人口は約1万2千人だそうです。
お店は少ないのですが、スタバックスが一軒、薬局が一軒、レストラン二軒、バー一軒、スーパー一軒ぐらいですね。
基本的な買い物はできますが、私はよくクイーンズでのアジアスーパーで食品買いをします。

公共交通手段としては、二つあります。
一つはF-Lineの地下鉄です。
もう一つはマンハッタンとの行き来ができるTramです。
このTramに乗って、マンハッタンと島の景色をご覧になられます。特に夜景がとてもきれいです。
島からマンハッタンに渡るとすぐに59Street着きます。
ミッドタウンでのショッピングや食事も便利ですね。

130219_3.jpg

130219_4.jpg

私がここに住んでから好きになったところは、マンハッタンやブルックリンと違って、とても静かなところです。
車も少なく、夜中も島のセキュリティがあるので、安全です。
家賃はやはり高いのですが、ルームシェアしているので、なんとか大丈夫です。
あとは毎日窓から水辺を眺められるとことも好きです。

130219_5.jpg

130219_6.jpg

そして、この間大雪が降ったので、島全体が雪に覆われました。
中心街より雪がふわふわしていて、きれいです。
子供たちがとても喜んでソリをやっていました。
とてもうらやましかったです!

130219_7.jpg

130219_8.jpg

今回は雪まみれの写真ですが、また春になったら桜も咲くそうです。
改めてまた書きます。

【ニューヨーク便り】クイーンズ植物園 2013年2月3日

この間初めてクイーンズ植物園を訪問しました。
幸運にもあるイベントで知り合いになったGennadyi Gurmanさんがそこで働いていて、一対一の案内をしてくれました!(普段はグループにしか案内しないらしい。。。)
植物園で有名な建物Visitor Centerを主に見せてくれました。

130203_1.jpg

このセンターはオフィスと案内コーナー、そしてショップが入っています。
なぜ有名かというと実はニューヨークで初めてのスーパーグリーン的な建物だからです。
LEED(アメリカ環境対策認証)を獲得しています。

そして、一番力に入れているのは「水の再利用」です。
Gurmanさんによると、まずは雨水の貯蓄です。
溜まった雨水は植物園の湿地を増やし、たくさんの植物の種類を支えています。
リサイクルプロセスを得て(浄化砂利による)、入口の噴水にも使えます。

130203_2.jpg
写真2:雨水貯蓄

130203_3.jpg
写真3:雨水貯蓄+浄化

この建物のもう一つの特徴はGraywater(雑排水)の再利用です。
要するに、手を洗ったあとの水、シャワーしたあとの処理して、再びトイレの水に使うのです。
さらに私は始めて、コンポストトイレに出会い、感動しました。
トイレで出た排水をさらに植物の肥料にするという画期的なシステム。
節約中の節約です。これで、55%の水の消費をカットできます。

130203_4.jpg
写真4:コンポストトイレ

130203_5.jpg
写真5:グリーンルーフ


もちろんGreen Roofもこの建物に存在します。今は冬なので、写真ではわかりづらいと思いますが、6インチの土のベースがあって、HighLineにある植物と似たものがたくさんあります。さらにスロープ状になっていて、下は講堂が入っています。
水のしくみやGreen Roof以外にもたくさん省エネの機能がこの建物に入っています。とにかく完璧なエコ建物を見させていただきました。みなさんもぜひ尋ねてみてください。植物園では廃棄物処理の方法のクラスや、子供向けのガーデニングプログラムも実施しています。

住所:43-50 Main St, New York, NY
ホームページ:http://www.queensbotanical.org/home

«  | ホーム |  »

プロフィール

mizubeland

Author:mizubeland
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

江東区便り (1)
NY便り (3)
お江戸深川さくらまつり (6)
堤防体験 (2)
水彩サロン (3)
明治丸 (2)
水彩フェスティバル (3)
運河ルネッサンス (2)
江戸東京の川再発見 (3)
当会協力 (1)
事業報告 (1)
未分類 (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。