2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜チャリテイクルーズ

sakura_cruise.png

4月10日、例年でしたら桜はとっくに散ってしまっているのだけど、
今年は大地震があったせいか、桜もゆっくり咲いてくれて、
丁度この日が満開になりました。

天候にも恵まれた日曜日の朝10時30分、
約40名の参加者がかちどき橋の乗船場から島田号に乗り込みました。

船は隅田川、小名木川、大横川と、東京の桜の名所を独り占めして、
船上ではワイン、ビール、ジュースなどを思い思いに飲みながら、
また、同乗してくれた芸能グループのかなでる三味線の音と美しい民謡の声に耳を傾けての約1時間半でした。

石島橋ではしばし船を泊めて橋の上からのおひねりを期待したのですが・・・・・。

会費3000円の一部は、東日本大地震被災者の義援金になるとのことです。
スポンサーサイト

第6回お江戸深川さくらまつり の3週間(3)※最終週

年度をまたぐお江戸深川さくらまつり。
最終週は4月3日、4日。

待ちに待った桜が、満開となりました。
待ちわびていたのは、運営スタッフや、和船の船頭さん、模擬店を出すお店の方々。
せっかく足を運んでくれたお客様に、最高の水辺を味合わせてあげたい…という思いです。

と同時に、お客様が怒濤のように押し寄せてくると予想して、
「今週は、戦場だぞ」と、スタッフ一同、心して準備に取りかかりました。

P4030025.jpg

予想通り、人気の和船は、午前中から長蛇の列で、3時間待ちという状態。
待ち切れない方々が、動力船のほうにも押し寄せて、当日予約は午前中で午後便も含めいっぱいに。
東京海洋大学へ向かう動力船(同大所有)も、定員いっぱいで運航です。
船長をつとめる学生さん、お客様のために、和船と同じくらいのスピードで、手を伸ばせば届きそうな桜の下をゆっくり走らせます。

P4030040.jpg

待ち行列が長蛇の和船。
やっと乗れたお客様も、桜と水辺、風流な和船に大満足のようです。
船頭さんたちの体力や、15時には最終便とする関係で、1日につき先着600名の定員制。
和船も休まる間もなく、次から次へと出航していきます。

P4030046.jpg

もう1つの動力船、新木場に構える江戸前汽船所有の船。
当会認定のリバーガイドさんが一緒に乗船し、地域の歴史と水辺の楽しさを紹介しています。
大横川には、お江戸深川さくらまつりの船の他に、一般の方も桜を楽しみにやってきます。
カヌーでやってきた人もいます。
船に乗る人には、とても有名らしい桜の名所です。

P4030051.jpg

やっと咲いた桜に人通りが増えて、石島橋の上の模擬店も大賑わい。
前2週間の客足が少なかっただけに、お店の人たちも大はりきりです。
16時には撤収の予定を、少し延長して、橋の上の盛り上がりを楽しみました。

P4030053.jpg

江東区地域振興会が認定する「街角アーティスト」。
いろんなアーティストが在籍していて、お江戸深川さくらまつりのように、イベントに派遣されます。
今週は、猿回し。
元気いっぱいで、ちょっとおっちょこちょい、でも決めるときはキメるお猿さんは、橋の上では人気者。

P4040099.jpg

最終日、ちょっと薄曇りでしたが、最後の桜を楽しみに客足は絶えません。
櫓漕ぎの「ギー、ギー」と、木と木がきしむ音がしずかに響きます。
わずかに散りかけた花びらが水面に浮かび、頭上の桜と、水面の桜の両方を楽しめます。

P4030075.jpg

15時になると、和船も動力船も最終便。
3週間に渡ったお江戸深川さくらまつりも終わりに近づきます。

おまつりは、地域の団体、NPO、和船の会…地域のいろんな人たちが集まって運営されるイベントです。
おまつりが終わると、「また来年、ここで会いましょう」と、スタッフや模擬店の店主さんとお別れです。

また来年、お会いしましょう。

第6回お江戸深川さくらまつり の3週間(2)

2週間目の3月27日。
先週開花宣言をしてから、花冷えが続きました。
開花して一気に咲き誇ると思いきや、意外と咲きが遅くて、まだまだ1分か2分咲き。

P3270220_20100413130438.jpg

少し肌寒い舟遊となりましたが、お花を楽しみにやってくる人々は絶えません。
わずかながらも咲いている桜と、普段味わえない風流な和船で、深川・大横川の魅力をアピールしています。

P3270228.jpg

大横川に架かる黒船橋のたもとにある、櫓下(やぐらした)タワー。
「火の見櫓」を模して作られた地元町会の防災倉庫になっています。
その下では、お餅つき。
明治学院大OBで、野球部で鍛えた足腰を持つ若者が、延々とつき続けます。
「ペッタン、ヨイショ!、ペッタン、ヨイショ!」の音が、町中に響くと、多くの人が集まってきます。

P3270279.jpg

和船の出る土日は、12時になると必ず「新内流し」が始まります。
和船から鳴り響く三味線の音色に、橋の上の人も、船の上の人も、川沿いの建物に住む人も、
みんな目と耳が釘付けに鳴ります。
お江戸深川さくらまつりの魅力の1つです。

P3270291.jpg

当会が定めた所定の講座を修了したリバーガイドさんは、さくらまつりの動力船にのって、持ち前の実力を披露しています。
リバーガイドの働き口としても、船を使ったイベントは貴重な機会です。
深川の知らない一面や、奥深い歴史の話など、乗ったお客さんにも好評を頂いております。

P3270245.jpg

さくらまつりが始まって6年目。
江東区内外にも浸透してきて、お客様やご協力頂く皆様に育てられて、魅力あるまつりに成長しています。
そして、このおまつりにあやかって、豊洲で行われるお祭りとのジョイントを、江東区と豊洲の人々が企画しました。
この日の豊洲は、芝浦工大の裏に新たに設置した船着場のオープニングの日。
市民が船と水辺を親しむ機会を増やすために、区が設置した重要な設備です。
今後の水辺の発展を願って、オープニングセレモニーと、門前仲町で行われるさくらまつりとの往復便の就航が実現しました。

P3270267.jpg

古くて趣きのある深川と、ダイナミックで新市街が広がる豊洲は、別々に発展するのではなく、
お互いに競争し合いながら、連携もしながら、陸路と水路でつながっていることをPRするのに、
この船は多いに貢献したことでしょう。

相変わらず、桜の開花がゆっくりな寒い日になりました。
最終週となる次週に期待して、第2週目は終わりました。

(3)へつづく。

第6回お江戸深川さくらまつり の3週間(1)

第1週目の3月20日、21日。
固かった桜のつぼみも、あと少しで咲きそう…
という暖かな日になりました。

P3200177.jpg

テープカットから始まる、お江戸深川さくらまつり。
江東区長のほか、地元の議員さん、町内会長さん、東京海洋大学の先生方…
多くの方に期待されて育てられているさくらまつりです。

P3200184.jpg

まだ、桜も咲いていないということで、
客足は今ひとつでしたが、
6艘の和船と、2艘の動力船が大横川を行き交います。

P3200191.jpg

お祭りの目玉の1つ、新内流し。
三味線の音色が、遠くから聞こえてくると、
ハイライトの始まりです。
橋の上、遊歩道、川沿いの建物…
多くの場所から、この音色を聞きつけて、観客が集まってきます。

P3200200.jpg

この動力船は、東京海洋大学の練習船。
操船するのは、免許を持つ学生。
この船に乗って、東京海洋大学に咲く桜を見に行きます。
無料で乗れます。

P3200203.jpg

石島橋の上は、地元のお店が出店するお休み処。
出店は毎年ほぼ同じ顔ぶれで、1年ぶりに橋の上で再開するのは、とても楽しいです。
桜が咲かないと、やはりお客さんは少ないのですが、
それでも、足を止めて買い求めていく人もいて、賑やかです。

P3270220.jpg

暖かい陽に誘われて、
午後には、1輪、2輪と、咲き始めました。
あと1週間もすれば満開…となるはずでした。

…(2)へつづく

2009年お江戸深川さくらまつり(写真集)

今年も盛大に行われた、お江戸深川さくらまつり。
今年で5回目を迎えて、恒例のお祭として、徐々に地域に浸透し始めてまいりました。
お客様の数も年々増え、これからの水辺の賑わいが期待されます。

2009年お江戸深川さくらまつり
さくらまつりの目玉、船からの新内流し

2009年お江戸深川さくらまつり
東京海洋大学越中島キャンパスへ向かう、お客様を乗せた海洋大所有の「かもめ」

2009年お江戸深川さくらまつり
大横川や隅田川を周遊する花見船

2009年お江戸深川さくらまつり
もう1つの目玉、静かに桜を楽しむ和船周遊

2009年お江戸深川さくらまつり
橋から見る新内流し

2009年お江戸深川さくらまつり
石島橋の上はお休みどころ、多くのお店が出ています。

2009年お江戸深川さくらまつり
石島橋はステージにもなります。

2009年お江戸深川さくらまつり
和船には、松尾芭蕉に扮したミュージシャンがお客様を楽しませます

«  | ホーム |  »

プロフィール

mizubeland

Author:mizubeland
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

江東区便り (1)
NY便り (3)
お江戸深川さくらまつり (6)
堤防体験 (2)
水彩サロン (3)
明治丸 (2)
水彩フェスティバル (3)
運河ルネッサンス (2)
江戸東京の川再発見 (3)
当会協力 (1)
事業報告 (1)
未分類 (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。